ハナニラ/イフェイオン属の育て方

 ハナニラ/イフェイオン属の基本情報

科名:ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
————————
属名:イフェイオン属 Ipheion
————————
学名:Ipheion uniflorum
————————
異名(synonym):Tristagma uniflorum
異名(”):Milla uniflora
異名(”):Brodiaea uniflora

異名(”):Triteleia uniflora
————————
和名:ハナニラ(花韮
————————
英名:Starflower,  Spring starflower
————————
原産:アルゼンチン、ウルグアイ、ブラジル南部
————————
開花時期:3月~4月
————————
高さ:10㎝~20㎝
————————
耐暑性:―
————————
耐寒性:強い
————————

 ハナニラ/イフェイオン属の特徴

春に開花する草丈の低い球根植物で、葉にニラのような独特な香りがあるためハナニラ(花韮)と呼ばれ、日本には明治時代に入ってきたそうです。

食用にするニラ(韮=Allium tuberosum)の名前が入っていますが、同じネギ亜科ではあるものの別属で食用にはなりません。

ハナニラ(Ipheion uniflorum)の近縁種も販売されており、学名の「Ipheion」からイフェイオンやアイフェインの名で流通しています。分子系統研究から以前イフェイオン属に分類されていた種類のうちいくつかは現在のところBeauverdiaNothoscordum、Tristagmaに分類されているようですが、キバナハナニラ(Beauverdia sellowiana)などは旧名のまま「イフェイオン」や「アイフェイオン」として流通することもあります

 ハナニラ/イフェイオン属の
 管理/置き場所

ハナニラの仲間は陽当たりよく、風通りと排水性の良い環境が理想ですが、開花量は落ちるものの明るい日陰やある程度の多湿でも育ち、地植えであれば管理はほとんど必要としません。

極めて強健で日本だけでなくイギリス、フランス、オーストラリアなどでも帰化しているそうです。球根植物のため周辺各所に突然生えてくることはないですが、移植や株分けの際に外れた球根から増えることもあります。

開花はハナニラが3月~4月、キバナハナニラはハナニラより少し早めから咲き2月~4月あたりに開花します。

 ハナニラ/イフェイオン属の
 育て方/年間管理
 ハナニラ/イフェイオン属の植え替え

生育期前(9月~10月あたり)の植え替えが良いです。また植え替えの際に球根の分球なども一緒に行うと良いです。

地植えの場合はほぼ放置ですが、大群生した場合などは上記の時期に地面から堀り上げて植え替えてください。

植え替えの際に親球根の周囲についている小球根が外れて土に紛れ意図せず増えることもあるので、増やす意図がない場合は堀り上げなどの作業を丁寧に行うと良いです。

鉢植えの場合は、数年間は放置で構いませんが、やがて鉢内が球根で埋め尽くされるので、分球も含めて植え替えを行います。

 ハナニラ/イフェイオン属の
 用土の選び方

庭や花壇に植える場合は、完熟の牛糞堆肥や馬糞堆肥、肥料などを植えこむ周囲に混ぜてから植え付けてください。

鉢植えの場合は、市販の花や野菜用の培養土でも育ちます。市販の用土でやや過湿気味になる場合は、赤玉土の小粒を3~4割混ぜて通水を上げて植えると良いです。またブレンドする場合は赤玉土小粒:腐葉土=7:3の土に植え替えもできます。

 ハナニラ/イフェイオン属の
 水やり/肥料の与え方

水やり:庭植えの場合は、植えた直後にたっぷりと水を与えた後は、おおむね雨まかせでも大丈夫です。

鉢植えの場合は基本的に鉢の表面が乾いたら鉢下から水が出てくるまでたっぷりと与えてください。

肥料:地植えの場合それほど肥料を必要としませんが、植え付ける前に元肥として緩効性肥料を植え付け場所の周囲に施してください。一方で鉢植えの場合は、植え付け時の元肥以外に、葉が出始める頃にリン酸が多い肥料を与え、開花後にカリウムが多めの肥料を与えて下さい。

 ハナニラ/イフェイオン属の増やし方

ハナニラやイフェイオン類は球根を分球することで増やします。

分球は植え替えの時期と同じく9月~10月上旬あたりに行います。1球ごとに分けることもできますが、小さな球根では開花できないことがあるため、直径1㎝以下の大きさの球根までは分けないほうが良いです。

 ハナニラ/イフェイオン属の病害虫

病害虫に極めて強いですが、「アブラムシ」が発生することがあります。

新芽・花芽など生長点付近から広がるように発生しますが、特に極度の日陰などで発生しやすくなるため、環境改善も重要になります。

市販のスプレータイプの薬剤で「花き」の登録と「カイガラムシ」が対象になっているものを使っていけば退治できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする