コスモス(秋桜)の育て方

コスモス(秋桜)の基本情報

科名:キク科 Asteraceae
————————
属名:コスモス属 Cosmos
————————
学名:Cosmos bipinnatus
(または他種も含めてCosmos
————————
和名:コスモス(秋桜=Cosmos bipinnatus
————————
別名:オオハルシャギク(大波斯菊)
   アキザクラ(秋桜)
————————
英名:Cosmos
   Garden cosmos
   Mexican aster
————————
原産:メキシコ
————————
開花時期:6月~11月
————————
高さ:30㎝~1.2m
————————
耐暑性:やや強い
————————
耐寒性:弱い
————————

コスモス(秋桜)の特徴

コスモス(秋桜)はメキシコ原産のキク科コスモス属の一年草で、秋にコスモス畑が各地で楽しまれるように秋を彩る代表的な花の一つです。

一般的に広く栽培され、和名で「コスモス」と名が付いている種類はコスモス・ビピンナツス(Cosmos bipinnatus)で、漢字の「秋桜」から「アキザクラ」と呼ばれたり「オオハルシャギク(大波斯菊)」などの別名もあります。

花色は白・ピンク・赤(濃ピンク)などの従来のものから、黄・オレンジ・クリームなどの黄色系の花色や複色花の品種もあります。

野生種のコスモスは短日植物(日が短く=夜が長くなると開花する性質)ですが、栽培種では日長に影響されず開花する夏咲き品種(早生品種)が作られていて夏から秋にかけて花を楽しむことができます。

花壇の植栽やコスモス畑として観賞するだけでなく、草丈の低い矮性種であれば鉢植えとして観賞もできます。

なおコスモスの名が付くもので、一年草の「キバナコスモス(Cosmos sulphureus)」や多年草の「チョコレートコスモス(Cosmos atrosanguineus)」などありますが、いずれもコスモス属でコスモスの近縁種です。

コスモス(秋桜)の管理と置き場所

コスモスは陽当たりと風通りの良い環境、排水性の良い土で育てます。

種まきから3ヶ月前後で開花する早生品種、旧来の秋から開花する晩生種(秋咲き種)があり、早生種は初夏~秋に開花し草丈が低く、晩生種は秋(10月~11月)に開花し草丈は1m前後まで育ちます。

植える場所に応じて品種を選び、春~初夏に種を撒いて育てるか、苗を植え付けて育てます。また晩夏から開花株が店頭に並ぶので、鉢や花壇の一部の植える等の場合は開花株を秋まで咲かせることもできます。

以下は「庭植え」「鉢植え」の場合の説明です。

庭植え

基本的に痩せ地でも良く育ち管理上は難しくないですが、草丈・開花が揃った方が美しいコスモス畑などでは場所ごとに土質のムラ(土の固/軟や栄養の多い/少ないなど)があると草丈に大きさ差がでることがあります。

またこぼれ種でも良く芽吹き1~2年間はきれいに保てますが、数年経つと土質にムラが出始め、種が落ちた量や芽吹く数も変わり、草丈や開花量が揃わなくなります。

なるべく毎年種まきや苗の植え付け前に土づくりをして、土質を均質にした方が草丈や花も揃って開花します。

鉢植え

鉢栽培の場合は矮性品種や早生品種など草丈が低めの品種を植えます。

また根詰まりも早いため鉢の大きさは二回り大きいものに植え替え、夏に植えた株の場合は株の成長具合を確認しつつ晩夏~初秋にかけて鉢を一回りサイズアップします。

コスモス(秋桜)の年間管理表
 
コスモス(秋桜)の植え替え

コスモスの苗を入手した場合は入手後なるべく早く鉢や花壇に植え替え、ポットに種まきをした場合は株がある程度育った段階で根詰まりする前に植え替えます。

また晩夏~初秋にかけて店頭にならぶ開花株も根詰まり気味のため、入手後なるべく早く一回り大きな鉢や花壇に植え付けます。

なお鉢花や根が回った苗を植え替えた場合は草丈が低めになります。

コスモス(秋桜)の用土の選び方

コスモスは市販の花や野菜用の培養土で育ちます。またブレンドする場合は赤玉土小粒:腐葉土:調整ピートモス=5:3:2の土に植え替えもできます。

庭や花壇に植える場合は、土質改良のために完熟の牛糞堆肥や馬糞堆肥などを植えこむ周囲に混ぜてから植え付けます。

コスモス(秋桜)の水やり

コスモスの水やりは一般的な花の水の与え方に準じます。

庭植え

庭植えのコスモスは基本的に水やりの必要はありません。苗を定植した場合は、植えた直後にたっぷりと水を与えた後は、おおむね天候にまかせます。

鉢植え

鉢の表面が乾いたら鉢下から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

特に根が張っている場合は水枯れしやすいため、乾きのチェックが遅れないように気を付けます。

コスモス(秋桜)の肥料の与え方
庭植えの場合

庭植えの場合は施肥量が多いと徒長して草丈が高くなるので元肥のみで育てます。特に秋のみ咲く晩生種は草丈が高くなりやすいので追肥は与えません。

また窒素肥料が多いと草丈が高くなるだけでなく病害虫の被害が増えるので、リン酸の比率が多めの肥料が良いです。

種を花壇などに直撒きする場合は、予め有機肥料などを元肥として混ぜ込んでから種まきします。苗を定植する場合は、定植するまでに元肥を混ぜ込んでから植え付けます。

鉢植えの場合

鉢植えの場合は庭植えと異なり肥料切れしやすいため、元肥だけでなく定期的な追肥も与えます。

植え替え時に元肥として根を傷めないような緩効性の化成肥料を混ぜて植え付けます。

以降は4月~10月かけて1ヶ月に1回の頻度で緩効性の化成肥料を株元から離した株の周囲に与えます。

コスモス(秋桜)の手入れ
摘芯

苗の段階で摘芯を行い枝数を増やします。特に地植えでは草丈が高く倒れやすくなるため、摘芯を数回行って草丈を抑えると良いです。

切り戻し

開花期間が長い品種は草丈に応じて定期的に切り戻しを行い、秋のみ開花する晩生品種は草丈の状態を見つつ8月あたりに切り戻しを行い草丈を抑えます。

ただし高温期に葉がなくなるような切り戻しを行うと暑さで枯れ混むことがあるので、葉が残るように切り戻します。

支柱立て

草丈を高くなるため強風で倒れたり茎が折れることがあります。ある程度の草丈まで育った段階で支柱を立てて倒れないようにします。

また花壇に植栽する場合で、演出上支柱を立てたくないときはコスモスの周囲に草丈が高めの草花を植栽しコスモスを支えると良いです。

コスモス(秋桜)の増やし方

コスモスは種まきで増やします。種は市販のものを使うか、前年度採種したものを使います。

種まき時期

種まきは早生種であれば4月~7月上旬に撒くと3~4ヶ月後に開花します。晩生種であれば、草丈を抑えたい場合は8月~9月に撒きます。

種を撒く場合は、庭や観賞時使う鉢やプランターに直撒きするか、ビニールポットで苗を育てて定植します。

庭・花壇への直撒き

種まき前に土の準備を行います。完熟の牛糞堆肥や馬糞堆肥、肥料などを植えこむ周囲に混ぜてから植え付けます。もし完熟に達していない堆肥や有機肥料を混ぜる場合は、土に混入後さらに1~2週間おいてから種まきします。

土の準備ができたら、種を20㎝前後の間隔で4~5粒ずつ種を撒き軽く覆土し、土の中まで染み込むようにたっぷりと水を与えます。

発芽後本葉が出たあたりで間引きします。間引きの際は土から引き抜くのではなくハサミなどで切ると周囲の根を傷めません。間引きは葉が重なるくらいに育ったあたりで随時行い、1ヵ所に2~3苗残るまで間引いていきます。

ポット撒き

ビニールポットに培養土を入れ、種を3粒ずつ撒いて薄く覆土し、たっぷりと水を与えます。

発芽後は直撒きと同様に間引きを行い、1ポットに1苗になるまで間引きつつ育成します。

コスモス(秋桜)の病害虫

害虫として「アブラムシ」、病気として「うどんこ病」などが発生することがあります。

害虫

「アブラムシ」は新芽や蕾・花裏に発生しやすいです。特に風通しの悪い環境や窒素肥料が多い場合などで発生しやすくなります。

施肥量を抑え、間引きをして風通しを良くするなどの環境改善が重要になります。

病気

「うどんこ病」は葉の表面に白い粉のようなカビが発生します。初秋の夜間気温が下がることから発生し始め、特に窒素過多の場合や株が茂りすぎて通風が悪くなると発生しやすくなります。

退治・治療

「アブラムシ」「うどんこ病」が発生した場合では、市販のスプレータイプの薬剤で「花き」の登録と対象病害虫の記載があるものを使っていけば退治できます。

また草丈が1m以下での害虫類の場合は、アセフェートやクロアチニジンを含む殺虫用の浸透移行性の粒剤を撒くことで予防ができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする